院長紹介

吉木伸子写真
院長 吉木伸子(よしき のぶこ)

経歴

平成5年 横浜市立大学医学部卒業 同年 慶応義塾大学病院 皮膚科学教室に入局
平成6年 浦和市立病院(現さいたま市立病院)皮膚科勤務
平成8年 埼玉県大宮市(現さいたま市大宮町)のレーザークリニック勤務

その間、米国オハイオ州クリーブランドクリニック形成外科、日本漢方研究財団附属渋谷診療所にて、美容医療および東洋医学の研修を行う。
日本美容学校皮膚科非常勤講師を兼任。

平成10年 よしき皮膚科クリニック銀座開業 現在にいたる。


院長ご挨拶

自分を正しくケアするためには、体と肌がとても深い関係にあることを理解してほしいと考えます。
肌は内臓を映す鏡といわれます。体内の状態や血行の調子、月経やホルモンバランス、ストレスの有無などが複雑に絡み合って、肌の症状として表れてくるのです。
とくに私は、肌と体の関係を知る方法として、東洋医学を取り入れた治療を行っています。
年齢や環境の変化とともに、体も肌も変化していきます。
外からだけでなく、内側からきれいになるための正しい知識を、みなさんに身につけていただきたいと思います。
いつまでも元気でハリのある肌を保つために、多くの方々のお役に立てれば幸いです。